検索エンジン対策機能・標準実装

せっかくブログを作っても、アクセスする人がいなければ、ビジネスにはつながりません。そしてアクセスアップの第一歩は、検索エンジン対策(SEO)です。

検索エンジン対策(SEO)とは

検索エンジン対策とは、別名SEO(Search Engine Optimaization)とも呼ばれますが、Yahoo!Googleなどの検索エンジンの検索結果で上位表示させるためのテクニックを言います。

オーナー様のホームページに関する悩みの筆頭は、「せっかくホームページを作ったのに、アクセスがほとんどない」というもの。いくらお金をかけたホームページでも、アクセスがなければ商売にはつながりません。

アクセスを増やすための第一歩が、検索エンジンでの上位表示
検索結果の上位に表示されることで、お客さんを「検索サイト」から「自社のホームページ」へと誘導できるのです。

 

SEOの理論と設定作業

さて、このSEO(検索エンジン対策)には二つの要素があります。

どうすれば検索サイトの上位に表示されやすくなるかという「SEOの理論」と、実際にそれを自社のホームページに適用する「SEOの設定作業」です。

「SEOの理論」というのは、何をすれば検索エンジンで上位表示されやすいかという「知識」を身につけることです。 この点についてはそれほど難しいものではありませんから、様々な書籍が販売されていますので、少し勉強すれば誰でも理解できると思います。

一方、「SEOの設定作業」というのは、「SEOの理論」に基づき、実際にその理論をホームページに適用していく作業のことです。狙ったキーワードをホームページに仕込むため、実際にホームページに色々と細工を施していく必要があります。 そのため、この「SEOの設定作業」には、一定の「ホームページ制作スキル」が必要です。

 

自作ホームページの場合、たとえ「SEOの理論」を理解したとしても、その理論をもとに自分のホームページで設定作業するのが大変なのです。
ある程度の「ホームページ制作スキル」がないと、SEOの理論を実現するための「設定作業」は不可能なのです。

もちろんSEOを専門とする事業者に、SEOサービスをお願いすることも可能です。しかしその場合、初期費用50万円、月額費用20万円、と言った、かなり高額なコストが発生します。
それに一度契約してしまうと数年間解約できないサービスもあり、何をしてもらっているかわからないことにお金を出し続けなければならないので、契約を後悔してらっしゃるオーナー様とお話しする機会もありました。

 

こうした理由から、検索エンジン対策(SEO)が施されていないホームページも少なくなく、いくら「SEOの理論」を身につけたとしても、それを自社のホームページで実現することができなければ、SEOは絵に描いた餅にすぎないということになります。

その結果、せっかくのホームページが全く検索エンジンで上位に表示されずアクセスがほとんどない、ということが現状なのです。

 

更新を売りにしているMovable Typeのような一般のビジネスブログはどうでしょうか?

デフォルトの管理画面では、一般利用者向けの「SEO設定作業」の機能が提供されていません。専門知識を持っていれば、Movable TypeでSEOの設定を行うことはできるのですが、一般の利用者にとっては相当ハードルが高いのです。

 

また、大手ブログポータルサイトの「個人向けブログ」サービスでは、こうした「SEOの設定機能」をほとんど装備していません。
個人むけブログはSEOのことはあまり考慮されていないことも多く、ブログの管理機能に「SEO設定作業」の機能はあまり用意されていないのです。

 

このように、「自作ホームページ」であれ、「ビジネスブログ」や「個人ブログ」であれ、自分自身が「自分でSEOの設定作業を行う」のは至難の業なのです。

 

サク咲くホームページのSEO機能

【サク咲くホームページ】では、「誰でも簡単にSEOの設定作業が行えること」を重視しています。専門知識がなくても、誰でも簡単にSEOの設定作業が行えるようサービスが作り上げられています。

特別なホームページ制作スキルを身につける必要もなければ、業者に高い費用を支払う必要もありません。簡単な画面操作で、あなたの狙うキーワードで「SEOの設定作業」をブログに施せるのです。

 

スキルがないからと今までは諦めていたSEO対策に、自分自身の手で取り組むことができるのです。

もちろん、このサービスを利用すれば、どんなキーワードでも上位表示される、という訳ではありません。

しかし、今まではスキルがなくてまったくSEO対策を施せなかった人でも、このサービスを使えば、追加コストを支払うことなく自分自身でSEO対策を行うことができるのです。